2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

人生の回答力を高める

9月26日は私が所属しているシェアビズ渋谷Blossomの7周年でした。

オーガナイザー(会員)第一号として、オープン前からBlossomに関わり、オーナーの英子さんと共に7年です。

いつもなら70人近い人がお祝いに駆けつけてくださいますが、今年はお客様の定員を15名に絞っての開催となりました(オーガナイザーが10人くらいいるので)。

 

リアル開催では軽食を楽しみながら、たっぷりお話しできました。

また、同日20時からバーチャル空間ギャザータウンでの7周年も開催しました。

リアルでの参加が難しい方のためでしたが、「お題に答える」という形でいろいろな話を聞くことができました。

その中に『人生を変えた一冊の本』というお題がありました。

 

 

ひとりずつ、本のタイトルと簡単な内容、そして、それを読んで自分がどう変わったのかを話していきます。

とても興味深いお話でしたが、「その本、読んでみたい!」と思わせる素敵なエピソードを聞いて、私は困ってしまいました。

「人生を変えたのはこの本です!」というようなものが、私には思い当たらないからです。

35歳頃まで、本は結構たくさん読んでいたと思いますが、人生を変えてくれたと思う本はありません。

 

 

「まあ、何か無難に答えようかな」と思った時に気づきました。

私は、特定の1冊ではなく、いくつかの本を読んで心に残っていたことが、あるとき繋がって、すごく大きな気づきを得ることができたんだな~、と。

 

コンシャスライフの『思考の現実化』には理論があります。

私はその理論を独自に構築した方から学んだのですが、一緒に何人もの人が学んでいました。

でも、ほとんどの人が捉えきれていないようです。

言葉としては聞くことができても、あまりにこれまでの常識と違うので、落とし込めないんですよね。

※地動説の人達の中で、天動説の話をするようなものなので。

 

 

そんな中で、私は過去に読んだ本にあった、次元や時間についての記述が結びついたんです。

ジグソーパズルのピースを埋めていったとき、突然、全体の絵柄がわかった!と思うような気づきでした。

教えられたことを学ぶだけでなく、それと過去の記憶が多角的に結びついたからこそ、理解できたように思います。

 

もちろん、本を読んだのは何十年も前ですし、未来に役立つとも思っていません。

ただ、なぜかとても印象的に記憶に残っていたんですよね。

潜在意識の創り出す現実化には、そういうことがよくあります。

現実が起きているときには、その意味はわからないけれど、後から「これだったんだ!」とわかることが。

 

 

そして、何よりもこの『問いかけ』がありがたかった!と思いました。

私の答えは、「人生を変えた一冊の本」という問いかけをした人の意図(期待)とは違っていたかもしれません。

でも、あきらめないで考えることができたから、自分の気づきに繋がったのだと思います。

 

 

ビジネスでの回答力は、答える相手を意識する必要があると思います。

相手の求める答えや、期待を上回る答えをだすことが正解と言われます。

 

 

でも、人生の回答力は、相手のことを考えないで答えても良いのではないでしょうか。

『問いかけ』に対して、正解を答えようとするのではなく、自分の内側に浮かび上がってくるものを言葉にする。

ときには、まるで質問の答えになっていない言葉かもしれませんが、

「それでも良いんだ!」と思ってみる。

 

 

自分でもよくわからない言葉だったとしても、逆に周りが助けてくれたりします。

そういう仲間がいると素敵ですよね!

「あぁ、これは人生の問いかけだな」と思ったときには、そのことを意識してみてください!

※人生の問いかけをするワークショップとか、あっても良いな、と思っています。

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。