3度にわたって約束を破られるという現実

コンシャスライフ研究所の井上阿佐子です。

ヒペリカム:8月27日の誕生花

ヒペリカム:8月27日の誕生花

8月18日のブログ『深い呼吸をして自分をみる』で、深い呼吸をすることで自分のネガティブな感情と向きあって気づきを得たという話しをしました。

そのときの体験は”後日”として、そこには書きませんでした。

 

実は、そのネガティブな感情には相手がいました。

ブログに経緯を書くと、すぐ「自分のことだ」とわかってしまう内容だったので、事前に会って話をしてから書こうと思っていたのです。

昨日、彼女と会ってその話をして、ブログに書くことを了解してもらいました。

 

最初は6月のことでした。

私は、あるコンサートに「一緒にいかない?」と彼女を誘いました。

チケット代もそんなに安くなかったので、一人なら行かなかったと思うのですが、彼女は「行きたい!」と即決しました。

では、ということで、私がネットで2名分の予約をしました。

予約時にコンサートを紹介してくれた方のことをコメントに記入したためか、ボーカルの方から直接(自動返信ではない)御礼のメールもいただいて感激し、返事のメールまでしたのに、数日後、彼女からキャンセルの連絡が入りました。

チケットは当日支払いだったので、ドタキャンすることも可能でしたが、きっと何か意味があるのだろうと、私はひとりで行きました。

コンサートそのものは良かったのですが、私の心に小さなしこりができたようです。

 

次に8月のイベントに彼女を誘いました。

それも最初は大乗り気で参加だったのが、数日後にキャンセル。

そして、つづけて3度めが。。。

この3度めのときは、私も怒りをプチプチとぶつけてしまいました(^^;)>

そして、「2度と彼女は誘わない!」と思っていました。

 

そんな中で8月18日を迎えました。

前日8月17日のブログ『急いでいるならゆっくり服を着なさい』の流れから、呼吸によって微細な感情と対話する手法について書きはじめ、実際にやってみようと思ったわけです。

ここに8月18日のブログ『深い呼吸をして自分をみる』を一部抜粋しますね。

======

はっきりした理由がわからないけどイライラするとき

物事が思うように進まないとき

気持ちがはれず重い感じがするとき

 

そんなときは、ゆっくりと『深い呼吸をすること』です。

そして、何か自分へのメッセージがあるのだと感じてみます。

 

実際に、今、両手をあわせて深い呼吸をしてみました。

みぞおちのあたりが重苦しく感じます。

喉のあたりにもひっかかりを感じます。

呼吸をして意識を向けると、重苦しさが増して辛くなります。

あらら、私は何かネガティブな感情を持っているらしいです(^^;)>

セルフだとここで逃げたくなってしまうんですよね(苦笑)

それでも、メッセージを受け取るために向き合うことにします。

 

みぞおちから喉にかけての身体の感覚と対話しました。

すると、

「ないがしろにされている」

「大切にしてもらえない」

と怒っているようです。

======

 

最初は”みぞおち”にある(とイメージした)固い塊と対話しました。

その塊の気持ちをわかってあげるところから始めます。

その固い塊が、怒って彼女に対する文句を言うのを、そのまま受け取ります。

 

その言葉をまとめると

「ないがしろにされている」

「大切にしてもらえない」

だったのです。

 

その塊の気持ちをわかってあげようとすると、それを客観的にみている自分がいることに気づきます。

その自分は、

3度にわたって約束を破られるという現実が

私の思考から生み出されているとしたら?

と考えました。

 

まず考えるのは「自分が他の誰かに対して同じことをしていないか?」です。

ひとつ思い出したのは、7月のあるイベントに参加申込みしていたのに、スケジュール確認を怠ってドタキャンしてしまい、翌日気づいて謝罪したという件です。

確かに似ていますが、それだけとは思えませんでした。

 

そして、もう一度考えました。

「自分が誰かとの約束をないがしろにしているとしたら・・・」

 

 

そこで、ハッとしました。

 

自分だ。。。と

 

私は、自分との約束をないがしろにしていたんです。

 

これまで何度も、課題を設定したり、目標設定したりしました。

「明日から、◯◯を続けよう」

「今月末までに、◯◯を達成しよう」

 

これが、誰かとの約束なら守ることができます。

私は自分が「できる人」「良い人」と思われたい気持ちがとても強いのです。

人に認められたいことがモチベーションなのです!

その思考パターンを変えようと思っていたのに、結局まだそこにいたのです。

 

あ~、もう、それか~!!

私が私との約束をないがしろにしていたんだ!

私は、みぞおちの固い塊に

「ごめんなさい!本当にひどいことをしてきたね。私が悪かった。許してね。これからは、あなたとの約束を破らないよう努力するからね。本当にありがとう!」

と言いました。

 

するとその塊は溶けて消えていきました。

もちろん、約束をキャンセルした友人への怒りも、きれいサッパリ!

まさに自分の思考だったのですから。

(つづきは、明日)

 

img_mailmag

 

コンシャスライフという生き方を知って人生の迷いを解きほぐし、最高の満足を得たい方はこちらをクリック

3 Responses to 3度にわたって約束を破られるという現実

  1. miwa maeda より:

    私も、少し前になるのですが、似たようなことがありずーっと気になっていました。
    確かに、自分との約束は大切にできていなかったかも…とハッとしました。

    • 井上 阿佐子 より:

      コメントありがとうございます!
      自分との約束って、ついないがしろにしてしまいます(^^;)>
      でも、気づけたら変えられますものね!!

  2. […] 昨日のブログ『3度にわたって約束を破られるという現実』のつづきです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です