やる気になるとトラブルが起こる

コンシャスライフ研究所の井上阿佐子です。

ハマギク:9月3日の誕生花

ハマギク:9月3日の誕生花

サーバーの移転によりトラブルが発生しました。

8月31日にブログがエラーになって復旧に時間がかかり、その後、29日、30日、31日分のブログが消えてしまったのです。

しかも、担当者との連絡がとれなくなりました。

今日になって、担当者からのメールが迷惑メールに入っていたことがわかったのですが、結局、29日、30日、31日のブログは復旧できず、再度書くことになりました。。。
(ベースの原稿は残っているのですが、微調整した後の分がないんですよね~。。。泣)

 

こういうことって誰にもあるんじゃないかと思います。

「よし、やるぞ!!」と決めて進もうとしたとたん、なぜか周りでトラブルが起きる。

せっかくやる気になったのに、出足をくじかれる感覚ですね(^^;)>

でも、これは思考の世界から考えるとあたり前のことなんです。

 

車の場合、アクセルとブレーキが別にありますよね。

だから普通は、アクセルとブレーキを一緒に踏むことはありません。

でも、思考の世界では、アクセルとブレーキの境界ははっきりしません。

「よし、やるぞ!!」と決めた時は、アクセルを踏み込んだときです。

当然、加速します。

 

私達は同じスピード(等速度)で進んでいるときは、そのスピードを感じません。

例えば、地球は約11km/秒で太陽の周りを公転しているそうです。

でも、誰も自分が常に新幹線より早く動いているとは思いませんよね。

スピードを感じるのは変化(加速・減速)するときだけです。

 

「よし、やるぞ!!」とアクセルを踏んで加速したとき、いつもと違うスピードを感じるため、無意識にブレーキを踏みたくなってしまうわけです。

「いや、もっとゆっくりでもいいんじゃない?」というブレーキです。

もちろん、140km/時で飛ばしている人が、少しブレーキを踏むのは必要なことかもしれません。

でも、スピードアップする時期であれば、ブレーキを踏むのは「今までどおりが安全」という安心感がほしいからだけです。

 

それでも無意識ですから、深層意識はスピードがあがるとついブレーキを踏みます。

それが、周りで起こるトラブルです。

そんなときは、

「あぁ、変わることを嫌がっている(不安がっている)自分が深層意識にいるな~。

でも、私は加速して進むと決めたのよ!」

と、未来の自分に向かって、ブレずに進むことにしています。

なぜなら、ブレーキを踏みたい深層意識は、ただ、新しいスピードに慣れていないだけだからです。

 

本気で変わろうとしたとき、無意識のブレーキがかかることがわかっていれば、それをネガティブに捉える必要がない、と思えますよね。

「やっぱり駄目だわ」と思うのではなく、

「きた、きた!さっさとこことを抜けて進もう!」

と思った方がお得ですよね!!

※それでもトラブルが続くときは別の原因もあるので、分析が必要です。

 

img_mailmag

 

コンシャスライフという生き方を知って人生の迷いを解きほぐし、最高の満足を得たい方はこちらをクリック

2 Responses to やる気になるとトラブルが起こる

  1. しいな より:

    このやる気をくじかれた時の考え方好きです。

    • 井上 阿佐子 より:

      しいなさん、コメントいただいていたのに気づくのが遅くてごめんなさい。
      好きと言ってくださって、ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です