06/15 過去にくっついている感情は何?

コンシャスライフ研究所の井上阿佐子です。

ペンタス:9月16日の誕生花

ペンタス:9月16日の誕生花

笑うメディアCuRAZYの「幸せに生きる為に自分にしてはいけない15のこと」から、1項目ずつ考えています。今日は6番目。

※転載の許可はいただいております。

*********************

6.過去にしがみつかない

過去にしがみついている間は、何も新しいことは起きません。それは同じ章を何度も何度も読んでいるようなもので、いつまで経っても次の章に進めません。

images(242)

*********************

過去にしがみつくとは、どういうことでしょうか?

過去の出来事を何度も繰り返し思い出すとき。。。

「あの時、◯◯にこんなことをされた」

「あの時、◯◯じゃなかったら。。。」

「あの時、ああすれば良かったのに」

 

出来事を話しているようで、実は”過去に味わった感情にしがみついている”のです。

 

私は先天性股関節脱臼で1歳のときギプスをはめられ、動くことができませんでした。

1歳ですから記憶はまったくないのに、母や伯母から当時の話を聞いて、自分の感情を勝手に想像し、出来事にくっつけてしまったのです。

そして、スピリチュアルな世界を知った時、その感情を癒やすワークを何度も行いました。

あるワークショップで強烈な癒やしが起きたのに、また別のワークショップでそのことを話すと感情が蘇って涙が溢れてきます。

癒やしたはずなのに、どうしてまた繰り返すんだろうと思っていました。

そして、”今の自分がその感情を手放せないから”だということがわかったんです。

過去の出来事と感情を切り離すことができたとき、その過去は私の中で笑い話(ネタ)になりました(^^;)>

※2013年12月4日のブログ『知ろうとしないと始まらない』に、その詳細を書いています。

 

もし、「あの時。。。」と、何度も思い出す過去があるとき、

「その出来事にくっついている感情は何か?」と、みつめてみましょう。

そして、過去を思い出している”今、現在”、その感情を手放したくないのだと思ってください。

人はネガティブな感情・・・、怒り、悲しみ、孤独感、喪失感、妬み、恨みなどを味わいたくないと思いながら、それを手放せなかったりします。

 

手放さないことにメリットがあると勘違いしているからです。

もちろん、無意識に・・・ですが。

でも、それにしがみついている限り、次の章へ進めないのも確かです。

*********************

笑うメディアCuRAZYに「幸せに生きる為に自分にしてはいけない15のこと」のサイトはこちら⇒http://curazy.com/archives/12496

 

img_mailmag

 

コンシャスライフという生き方を知って人生の迷いを解きほぐし、最高の満足を得たい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です