09/15 お金があったらもっと幸せ

コンシャスライフ研究所の井上阿佐子です。

サルビア:9月19日の誕生花

サルビア:9月19日の誕生花

笑うメディアCuRAZYの「幸せに生きる為に自分にしてはいけない15のこと」から、1項目ずつ考えています。今日は9番目。

※転載の許可はいただいております。

*********************

9.幸せを買おうとしない

私たちが欲しがるものの多くは高価なものです。でも、本当に私たちを幸福にするものはお金がいりません。愛、笑顔、そして情熱を持って働くこと、これらは全て無料です。

images(249)

*********************

実は、このコメントの真意がよくわかりません。

「お金がなくても幸福になれる」と言いたいのかな?

 

私はなぜか「食いっぱぐれることはない」と思い込んでいます(笑)。

同時に「働かざるもの食うべからず」とも思っていますけど。。。

そう思い込んだ時期も理由もわからないのですが、

四柱推命でみてもらったときも財運があると言われました。

ただ、大金が転がり込むとかの財運ではなく、働いて稼ぐ運があるとのことです(^^)

 

やっぱりお金はあった方が良いと思います。

問題はその、使い方にあるのではないでしょうか。

少し前に「10億円あったら何に使うか?」というワークをしました。

「1万円あったら」「10万円あったら」「100万円あったら」とだんだん金額を上げていくワークです。

「10億円あったら」は、普段あまり考えないので思いつくのに時間がかかりました。

そして、私の使いみちは「マンションを建てる」でした。

 

実は、夫・井上祐宏が著書『奇跡の農業革命』を書いたことで、アートテン農法で野菜を作っている方たちとの繋がりを持つことができました。

ときおり美味しくて身体に良い野菜を宅配便で購入しています。

ところが、我が家は夫婦二人だけ、夫は外食や出張も多いので、食べきるのに時間がかかります。

少量を送ってもらうと送料が高くついてしまうし、まとめて送ってもらうと冷蔵庫が満杯になって。。。

悩みどころなんです。

 

そこで、もし10億円あったら1階にアートテン野菜を販売するスーパーマーケットつきのマンションを建てます。

そうすれば、欲しい時に欲しい分を買いに行けます。

そのマンションに住む人だけでなく、近隣の人にとっても美味しくて身体に良い野菜が入手できて嬉しいですよね。

セミナールームとかもあって勉強会を開いたりするのも素敵です。

野菜が美味しいと評判になれば、販路が広がって農家の人ももっと増えるかもしれません。

そんな風に、誰もが幸せになれるお金の使い方ってあると思います。

 

結局、お金があることが良いとか悪いとかでなく、それを使う人の問題なんですね。

「お金がなくても幸せ。あったらもっと幸せ!」

っていうのが良いと思うのですが、いかがでしょうか?

*********************

笑うメディアCuRAZYに「幸せに生きる為に自分にしてはいけない15のこと」のサイトはこちら⇒http://curazy.com/archives/12496

 

img_mailmag

 

コンシャスライフという生き方を知って人生の迷いを解きほぐし、最高の満足を得たい方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です