2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

魂を元気にする3つの方法(その2)

昨日のブログでは『魂を元気にする3つの方法』(その1)は、”笑うこと”でしたね。

今日は、(その2)を紹介します!

 

 

『魂を元気にする3つの方法』の(その2)は・・・

(その2)は、応援すること\(^o^)/

 

人を応援すると元気になります!

人から応援されても、元気になりますよね!

 

 

応援したい人がいるとき、その人は自分の潜在意識の投影です。

つまり、誰かを応援するということは、自分の潜在意識を応援するのと同じことなんですよね(^o^)。

だから、自然に自分も元気になるのだと思います。

 

 

ただ、応援にも自分のキャパシティ(許容範囲)があります。

自分のことを後回しにして、人を応援するのは、別の思い込みに支配されているので注意した方が良いです(^^;>

やりすぎると自分が被害者になってしまう場合がありますから、

「心からやってあげたい」と思える範囲の応援をするのが、ポイントだと思います。

 

 

ところで以前、ある社長さんが「僕は、人助けがしたいんです!」とおっしゃいました。

経営も順調で、その上、人助けをしたいというのは、素晴らしいことですね。

「応援する」と似ているのですが、ひとつ注意したい点があります。

 

 

それは、「人助けがしたい!」と思うと、何が起こるかです。

「人助けがしたい!」という願望(思考)を持つと、そこに「困っている人」を現実化します。

困っている人を作り出さないと、人助けができないからですね。

すると、助けても助けても、また別の困っている人を生み出すことになるんです。

『思考の現実化』という視点から見ると、そうなってしまいます。

 

 

だったら、どうすればいいか? 

と尋ねられて、私が、

「困っている人を助けてはいけないんです」

と言うと、社長さんは、怪訝そうな顔をしました。

 

 

実は、この言葉には、続きがあるんです^^

「困っている人を助けてはいけない。

 困っていて、頑張っている人を助けてください。」

 

 

社長さんは、「なるほど!」とおっしゃいました。

この言葉を私は夫から聞いたのですが、私も、最初の言葉で意外に思い、最後まで聞いて納得したんです。

つまり、困っている人を助けるのではなく、頑張っている人を応援(支援)する。

そんな風に意識すると良いんだなぁ、と思いました\(^o^)/

 

 

誰を応援すればいいか、わからない!

という人は、まず「応援すること」を意識するだけでOKです。

意識していると「ああ、この人を応援したいかも」という人があらわれますから!

新たな出会いかもしれませんし、すでによく知っている人かもしれません。

 

 

そして、小さな応援からで、良いと思います。

まずは、家族への応援がスタートかも!

応援は見返りや返礼を求めずに、「してあげたい」と思うことだけをする。

相手の話をちゃんと聞くだけでも、素敵な応援ですよね!

 

 

もしかしたら、無意識に応援していたことに気づくかもしれません。

そんなときは、無意識を意識的にして、

「私は、〇〇の応援団!」と自覚してみるのも良いですね!

いつもの関係性だけでなく、応援団としての視点でみると、相手をもっと客観視することができそうです!

 

 

それによって、自分も相手も魂が元気になるのだとしたら、とってもお得ですよね!

私もつい、夫の話を聞くのを面倒がってしまいますが(笑)

身近なところから、やってみようと思っています\(^o^)/

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。