2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

傷レンズフォトグループ展へ行ってきました!

今日は、フォトグラファーの前田美和さんと『傷レンズフォトグループ展vol.0』に行ってきました。

場所は、代々木駅から徒歩2分にある Cafe nook(カフェヌック)というカフェです。

 

こちらのカフェでは壁面に、いろいろなグループの写真展を開催しているのだそうです。

今回は、美和さんが出展していることと、”傷レンズ”という点に興味があって伺いました。

 

 

地下に降りていく途中に、素敵な写真がありました。

反射した光が、不思議な輝きを感じさせてくれます。

 

 

 

今回は、オールドレンズという主にフィルム時代に使われていた古いレンズの中でも傷がついてしまったり、カビなどによりはっきり写らない「傷レンズ」と言われているものを使って撮影した作品を集めた写真展なのだそうです。

作られた国や時代、メーカーによって、また経年劣化によっても写りが変わる^^

だから、一つひとつに個性がある。

それを「面白い!」と思う写真家さんたちが集まったグループ展でした。

 

 

B1Fのフロアに着くと、編みぐるみのぬくじ君がお出迎えしてくれます。

お店のあちこちに、ぬくじ君がいます。

壁にはグループ展の展示が。。。

 

 

 

まずは、美和さんの作品を。

タイトルは『情熱』。

沖縄で撮った赤い花の写真を選んだそうです。

私の写真の撮り方が下手なので、伝わりにくいと思いますが、光の感じが独特だと思います。

写真のもつエネルギーも!

 

 

ただ、オールドレンズを使うと、全体に(あるいは部分的に)少し曇った感じの写真になるようです。

私はカメラのことはまったく詳しくないのですが、一眼レフの機能を使えば、そういう曇った感じの写真も撮れると思います。

なのに、なぜ、本来なら捨てられるような傷がついた古いレンズ(オールドレンズ)を使うのか?

興味があったので、美和さんに聞くと、こんな風に答えてくれました。

 

 

新品のクリアなレンズを使うと、そのままが撮れる(まあ、そうですよね^^)。

ただ、被写体を見て感じたものを写真として表現するには、そのままではない。

光やぼかし方など、カメラのいろいろな機能の使うことで、自分が感じたものが表現できる。

 

 

でも、ある程度カメラが使えるようになると、こういう写真を撮りたいと思うと、それが撮れるようになってしまう(それも、すごい話ですよね^^)。

そんなとき、オールドレンズを使って、自分が予期していない写真になったことが、面白かった!

思い通りではないけど意外性があって、意図しては撮れないような写真が撮れたりする。

それが魅力かも。

 

 

面白い話ですよね!

思い通りの写真が撮れる技術を得て終わりではなく、そこに意外性、意図しては撮れない写真の良さを感じる。。。

もちろん、お仕事での撮影では、クリアなレンズを使ってクライアントの求める写真、それ以上の写真を提供してくれる美和さんですが、プライベートでは満足できなくなったんですね^^

 

 

さて、ちょうどお昼時だったので、お店でランチをとることにしました。

Cafe nook(カフェヌック)は、スリランカ・カリーのお店です。

そこで、豆カリーをいただきました。

中辛だったので、私にとっては甘目のカリーでしたが、マイルドで美味しかったです。

食後にはチャイを。

こちらもちょっと甘目ですが、スパイシーで美味しかったです。

 

 

美和さんは以前、リアルレッドカリー(激辛)を食べて、汗がダラダラでるほど辛かったそうです。

大辛の野菜カリーか豆カリーがあったら、甘目のチャイとベストマッチだったかも、と思いました。

 

 

 

写真展には11人のメンバーが出展していて、他の方の写真も拝見しました。

こちらは、4枚一組で見上げた空を撮ったものです。

雲の様子がとても綺麗で、本当に空を見上げている気分になります。

 

 

こちらは先生の作品。

富士山の写真にある光の粒々はレンズの傷のようです。

こういうのもなんか、良いですね。


※写真展の案内にも使われていました。

 

 

最後に、美和さんの作品をフルサイズで。

左側の写真の左下に骸骨のようなものが見えませんか?

私がそれを言うと、美和さんはすごく驚いて「ホントだ!」と(笑)

何度も見ていたのに、誰も気づかなかったのだそうです。

 

 

しばらく見ていると、左側の骸骨の人が右側の花を愛でているように感じてきました。

しかも、恐ろしい感じの骸骨ではなく、優しい感じ。。。しませんか?

実は、骸骨(スカル)というのは世界的にラッキーアイテムなんですよね!

 

 

タロットカードの『死神』のカードも骸骨が登場する絵柄が多いと思いますが、これは「破壊と再生」。

新たな始まりを意味していると言います。

今回、美和さんが無意識にこの2枚を選んで、この左右で並べたこと。

すごく素敵なことだと思います!

前田美和さんのHPは>>>こちら

 

 

※掲載した写真は、私がスマホで撮ったので、作品の良さがまったく伝わっていないと思いますm(_ _)m 2月15日まで開催しているということなので、関心のある方は是非!

2月3日(月)~2月15日(土)
傷レンズフォト グループ展Vol.0

オールドレンズ写真学校講師
伊藤弘による特別ワークショップ
「傷レンズフォトワークショップ」
生徒によるグループ展。

場所 代々木cafenook
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-3 岩崎ビル B1

2月3日(月)~2月15日(土)
平日12:00~22:00
土曜13:00~22:00
9日、11日はお休み

※カフェなので1オーダー必要です。出展者が必ずいて、お話しできるということではありません。

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。