2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

幸せになる未来を選択するために

前回のブログに書いた

『未来の選択は大きな分かれ道ではなく、メロンの皮のように細かい分岐がたくさんある』

という考え方は、幸せになる未来を選択する意味でとても大切なことと思っています。

 

前回は、ワクチンを打つ・打たないという選択でした。

多くの人は、それを「二股の道のどちらを選ぶか」という意識で選択しているのではないでしょうか?

地上からの目線でみると二股の道の先は見えません。

だから、右へ進むか左へ進むかで迷ってしまいますし、間違った方を選んでしまったら…という不安が拭い去れません。

そして、その無意識の不安が、現実を創ってしまうこともあります。

 

では、未来の選択は「メロンの皮のように細かい分岐がたくさんある」と考えるのは、どういうことでしょうか?

 

実はこれ、人生を俯瞰して見るからこそ、見えてくる世界なんです。

人生を俯瞰して見るというのは、潜在意識の視点になります。

目の前の分岐ではなく、まるでドローンで見る視点のように先を見通す生き方です。

だから、潜在意識の望む未来に向かって選択すれば、どんなに回り道をしているように感じても、必ず道は繋がります。

 

潜在意識の視点を持つと、自分がこれからどういう生き方をするのかが見えてきます。

例えば、夫から「離婚して欲しい」と言われて、自分は「離婚したくない!」と思っていたとします。

一般的な潜在意識へのアプローチは、「自分の『離婚したくない』という望みをどうやって叶えるか(願望実現)」に向かいます。

でも、コンシャスライフでは「なぜ、潜在意識が離婚という課題を自分に与えたのか?」を考えます。

 

理由は人によって違いますが、あるクライアントさんの場合は『依存を手放す』という課題でした。

離婚しなくても依存を手放すことができれば、夫の気持ちが変化して離婚回避できるかもしれません。

それが難しい場合は離婚することになりますが、その現実によって『精神的な自立』という体験を手に入れることが出来ます。

だからこそ、『精神的な自立』をした上で、新しいパートナーシップと向き合うこともできるんです。

 

 

実際、クライアントさん達は、別れた元ご主人ととても仲良くしているそうです。

それは、被害者にならず、自分の未来のためにこの出来事があったと思えるからで、人生を俯瞰して見ることができているからです。

俯瞰して見ることで、どんな出来事があったとしても、自分は幸せな人生に向かって進む(選択していく)と思うことができます。

そして、思考が現実化するなら、そういう思考が蓄積することで、本当の意味での幸せな人生を創り出すことができるのだと思います。

 

 

私たちは、日々、たくさんの選択をしています。

何を着てでかけよう、とか、ランチに何を食べる、という日常的な選択もありますし、

自分は悪くないのに謝罪するとか、部下や子どもを叱らなければならない、という選択もあると思います。

 

それらの選択を、無意識にしているとしたら、それは過去の思考の延長線上での選択です。

いつものファッション、いつものランチ、いつも謝罪して、いつも叱っている。。。

過去の延長線上の選択を続けていると、未来も過去と同じ現実ばかりが起こります。

 

潜在意識の視点を手に入れて、過去とは違う「生き方の選択をすること」。

それこそが、本当に幸せな人生を創り出すことだと思っています。

未来の選択は「メロンの皮のように細かい分岐がたくさんある=人生を俯瞰して見る」という考え方を知っておいてください。

 

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。