2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

聴覚系の私が、映像化に挑戦!

昨日のブログ『脳内で映像化する派?しない派?』で、本を読んだとき、そのシーンを映像化する人としない人がいることを書きました。

私は、まったくしない派なんですが、今朝、あることを思いつきました。

 

 

私は、推理ものや歴史の本も好きですが、若い頃は古典も好きで『源氏物語』や『枕草子』などを読んでいました。

と言っても、原文ではなく口語訳ですが。。。

『源氏物語』は何人かの人が口語訳を書いているので、それらを片っ端から読みました。

当時は、与謝野晶子氏、谷崎潤一郎氏、円地文子氏、田辺聖子氏など。

(その後、瀬戸内寂聴さんが訳を出したころには、あまり本を読まなくなっていたので…。)

 

そして今朝、「そうか!『源氏物語』を読みながら、そのシーンを映像化していたら、もっと面白かったかも!」と、思いついたんです。

 

 

『源氏物語』は雅(みやび)な王朝絵巻です。

特に、私が好きなのは、ストーリーとはあまり関係のない場面なんです。

光源氏が新年のお祝い用に女君たちに衣装を選んで送るシーンとか、香薫物を競い合うシーン。

それなのに、ほとんど映像化していなかったなんて!!!

これは、かなりもったいないことですね^^

 

 

今までは、本を読んでイメージを映像化するということを考えたこともなかったのですが、

今回のことで「意識して、やってみるのも良いな」と思いました。

もともと聴覚系の私が、映像をイメージするには時間がかかります。

でも、それを意識してやってみると、視覚系の能力を活性化することができるはずです!

 

 

「これまでやってこなかったから、自分にはできない」ということは、ありません。

やってみたい!面白そう!と思ったら、いくつになってもそこに可能性はあるんですよね。

無理!とあきらめない限りは。。。

 

 

だから今日は、『源氏物語』のお気に入りのシーンを思い出して映像化にチャレンジしてみました。

特に記憶に残っているのは、明石の上に送った、文様を織り込んだ唐風の白い小袿と濃い紫。

他にも山吹色や桃色、薄い青(浅縹)など、極彩色の布を広げながら、源氏の君と紫の上が話しているシーン。

そう言いながら、まだまだリアルにイメージはできないのですが、視覚系の空想もやってみると楽しいですね!

 

 

後から手に入れる能力は、最初から持っているものに比べると大変ですが、

あきらめず、意識的にその能力を増やすことを考えれば、ちゃんと高めることができます。

視覚系の人が聴覚系の特徴である論理性を手に入れるのも同じ。

なにごとも「自分にはできない!」と決めつけないことが、人生を楽しむコツかもしれません!

 

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。