2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

「マイペースですよね~」と言われたら?

もし、あなたが「マイペースですよね~」と言われたら、どう感じますか?

もちろん、相手との関係性や言い方によって感じ方は変わると思いますが、人によってポジティブに受け止める人と、ネガティブに受け止める人がいると思います。

 

 

あるクライアントさんからのメールにこんな相談がありました。

 

友人に「マイペースですよね~」と言われ、その場では「そうだね」と返したのだけれど、心の中ではモヤモヤがあったことに気づきました。

自分としては、「マイペースに動いているというより、むしろ一生懸命人に合わせようと、考えて動いてるつもりなんだけどな(^^;」と思ったんです。

でも、やっぱり要領が悪くて、相手のスピードに追い付けなかったみたいで。。。

 

 

つまり、クライアントさんにとって、「マイペース=のんびりしている」というイメージがあって、「それではいけない!」「人に迷惑をかけてはいけない!」とネガティブに受け止めたようです。

もともと彼女は、嫌なことがあったとき、自己否定に入りやすいタイプでした。

「自分がいけなかったから、こうなったんだ」と、感じてしまうんですね。

 

 

自己否定に入りやすいのは、自分で自分を否定していれば周りから責められないというメリットがあるからです。

そちらの方が安全だと思うと、どんなにひどいめにあっても「私が…」という考え方になります。

そして、自己否定する思考パターンが潜在意識にたまると、否定される出来事が現実化してしまうんですよね(^^;>

 

 

ただ、彼女もコンシャスライフを学んでいたので、「自分で自分を傷つけ続けても良いことはない」ということがわかっていました。

※「安全のために、自分で自分を傷つけ続ける」ってよく考えれば変な話なんですが、結構、やっている人多いんですよね。

 

 

そこで、「マイペース」について、自分を客観視したのだそうです。

 

今回「マイペースですよね~」と友人に言われたときに、

「人のことを気にせず、自分のペースで動けばよいと思っているわけじゃないんだよね…」と伝えたい気持ちがあることを感じたのだとか。

また、以前はてきぱき動けることとか、気が利くこととか、人並み以上にできる人でいることに価値を感じていたのだと思うけど、最近その意識が変わってきたのかもしれないな…とも思ったそうです。

 

 

このメールに対しての私の返信(一部編集したもの)です。

**********

この件について、私の感覚では、「一生懸命人に合わせようと考えて動く」ことをやめる方向性な気がします。

それは、今、まさに『本当の意味でのマイペースになる時期』だと思うからです。

 

〇〇さんの言うように、本当のマイペースは、のんびりしているということではないんですよね。

本当のマイペースは、内側からやってくる自分の感情に従って行動できるということだと思います。

 

良い評価を求めて、周りを気遣い、周りに合わせていると、自分の感情が後回しになります。

でも、自分軸というのは、固定されたものではなく、感情とセットでしなやかに揺れ動きながら折れないものなんですよね\(^o^)/

 

そして、〇〇さんは今、そちらへ進んでいる最中だと思います!

今はその途中なのでよくわからないかもしれませんが、とっても素敵なことなんですよ!

**********

 

確かに「マイペース」というと、わがままで周りに合わせないという人をイメージしたりします。

そういう、自己中心的で周りに迷惑をかけるマイペースな人の場合は、それを変えるメッセージが潜在意識からやってくるはずです。

 

 

ただ、今回のクライアントさんの場合は、長年「一生懸命人に合わせようと考えて動く」をやってきています。

だとしたら、人生の方向転換としては、本当の意味でのマイペースな人になる時期なのだと思います。

 

この本当のマイペースになるのは、返信のメールに書いたように、自分の感情や感覚を大切にすることから始まります。

それは、もっと”自分”を大切にすることであり、”自分軸”を持つことでもあります。

クライアントさんが今、そういう段階に来ていることが、本当に嬉しいことです\(^o^)/

 

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。