2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

底なし沼のような孤独感と寂しさ…

「底なし沼のような」「心にぽっかり穴があいたような」

人は孤独感や寂しさを表現するとき、そんな風に言ったりします。

 

これは、”虚(きょ)”な感じ、満たされていない感じですね。

だから、人は孤独感や寂しさを感じると、そこを埋めようとします。

埋めることで、満たせると思うからです。

 

 

ただ、たいていは外側の何かで埋めようとします。

それが、パートナーだったり、お金や権威だったり、仲間だったり。。。

どんなに頑張っても、外側の何かで埋めようとすると、失う不安がセットで付いてきます。

常に失う不安がある状態では、満たされているとは思えませんよね。

では、どうすればいいんでしょう?

 

 

私は、今年4月からYoutubeチャンネル【潜在意識で幸せになる】をスタートしています。

シェアビズ渋谷Blossomオーナーの仁科英子さんと2人で、お互い変化してきた体験を踏まえながら、潜在意識について語っています。

毎回「どんなテーマにするか」を話し合うのですが、あるとき英子さんから『孤独感と寂しさについて』という提案がありました。

 

 

実は、私は『孤独感と寂しさ』という感情をあまり感じない人なんですね(^^;>

でも、彼女から「底なし沼のような孤独感と寂しさ」という言葉を聞いたとき、
「それは、やっかいな感情だな!」と思いました。

そして、その数日後、別の方のセッションでも『孤独感と寂しさ』というテーマが浮かび上がってきたんです。

同じ時期に2人の人が話題にしたテーマなので、「その感情をどうすればいいのか?」を書こうと思いました。

 

 

冒頭に書いたように、人は孤独感や寂しさを外側の何かで埋めようとしてしまいます。

すると、最初は満たされた幸福感を得られるかもしれませんが、そのうち失う不安がやってきます。

結局、孤独感や寂しさだけでなく、喪失感からも解放されません。

”外側の何か”で埋めようとするのは、対処療法みたいなものなので根本的な問題解決にはなりません。

 

 

では、どうすれば良いのか?

そこで、2つのポイントをお伝えします。

 

 

最初は、英子さんとの動画撮影でのことです。

彼女は昔、幸せの条件を手に入れるために頑張って頑張って、それを得たはずなのに「底なし沼のような孤独感と寂しさ」を感じたのだそうです。

その後も、自分を満たしてくれるパートナーをずっと求めていたのですが、あるとき、「私が、私を幸福にすることができる」と気づきました。

 

そして、寂しがっているのは内なる自分(インナーチャイルド:IC)であり、「そのICの気持ちを、私がわかってあげればいい!」と思ったのだそうです。

自分がICにとって頼りになる存在になったとき「底なし沼のような孤独感と寂しさ」を感じることがなくなったと話しています。
※英子さんとのYoutube動画は最後に紹介しています。

 

 

もうひとつは、セッションでのことです。

クライアントさんが、強い孤独感や寂しさを「心にぽっかり穴があいたような」と表現したとき、私はあることを思い出しました。

それは、私の夫の言葉でした。

 

 

「惹きつけられる人には、空っぽさがある」

彼は、インド人のグル(導師)からこの言葉を聞いたのだそうです。

谷底を覗き込みたくなるように、人は、空間(スペース)に惹きつけられるのだと。。。


※写真はモニュメントバレー!人は穴があると覗きたくなります^^

 

私は昔、できる女になることを目指していました。たくさんの知識を詰め込み、なんでも知っている、なんでもわかっていることが理想だと思っていたんです。

でも、この言葉を聞いて「魅力的な人は、内側にスペースがある」と感じました。

「器が大きい」という言葉も、スペースがあるということですね。そして、それは可能性とも言える、と感じました。

 

 

クライアントさんには、潜在意識を修正するための誘導瞑想文を作ったのですが、そこには、こんな文章を入れました。

※この文章での「あなた」はICのことで、「私」は大人の自分です。

*****

あなたは心に空いた穴を埋めようと思っていたけど、そこは埋めなくても良いの。

その穴はあなたの可能性だから。

大きな可能性があるから、大きなスペースが空いているように感じていたのよね。

そして、私はそのスペースごと、まるごとのあなたを包み込むから、安心していいのよ。

*****

ここでは、寂しがっているICを大人の自分が包み込んで、安心させています。

最初のポイントで書いた「ICの気持ちを、私がわかってあげる」をしているんです。

この文章を読んだクライアントさんは、「そんな風に考えていいんですね!」と、新しい視点に驚き、喜んでくれました。

 

 

つまり、孤独感や寂しさを感じるときは、外側の何かで埋めるのではなく、その感情を感じているのは自分の中のIC(インナーチャイルド)で、大人の自分はその子の気持ちをわかってあげる。

そして、その子を抱きしめて、「大丈夫。私がそばにいるよ」と伝えてあげる。

そうやって「自分が自分を幸せにできる」と思ってみてください。

その上で、自立に向かって行動していくと良いですね。

もちろん、一朝一夕で解決するものではないですが、意識を変えることで、新しい人や情報との出会いが生まれると思います。

 

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:

■今日のポイント

孤独感や寂しさは、外側の何かで埋めることはできない。

孤独感や寂しさを感じたときは、IC(子どもの自分)がそれを感じているとイメージして、その気持ちを大人の自分がわかってあげる。「私が居るから大丈夫だよ」と安心させてあげる。

また、心にぽっかり空いた穴を感じても、埋めなくていい。なぜなら、その穴はスペース=可能性だから。
大人の自分はそのスペースごと、まるごとのあなた(IC)を包み込むから、安心していいよ、と言ってあげる。

意識的に向き合うことで、思考が変化する。
楽しみながら、やってみてください\(^o^)/

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:

 

Youtubeチャンネル【潜在意識で幸せになる】の『孤独感と寂しさ』をテーマに話している動画はこちらです。

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。