2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

入居審査が通らないのはなぜ?【報告その2】

3月中に引っ越す予定で、新居の候補も決まりましたが、そこには2つのハードルがありました。

 

ひとつは、夫が信頼するスピリチュアル系の方からOKが出るか否か、です。

その方がNOと言えば、夫はその意見を聞くので入居は難しいでしょう。

ただ、私はそちらは大丈夫な気がしていましたし、実際、すんなりOKが出ました。

 

 

もうひとつのハードルは入居審査です。

賃貸物件はサラリーマンの方が安定していて有利なようですが、我が家は2人とも自営業です。

しかも、家賃に対する収入も、二人合わせて結構ギリギリ(^^;>

 

 

2月18日の内見後、その足で申込に行ったのですが、審査には数日かかります。

その間に、引っ越し業者の見積もりを手配しました。

3月末は引っ越しの繁忙期ですから、業者の手配ができなければ4月にずれ込んでしまいます。

そこで、3月3日に3件の業者さんが見積もりに来てもらうことになりました。

 

 

手配を進める中、2月27日土曜日に「審査が通りました」との連絡があったのですが、

「家賃の支払い開始日についてオーナーさんと相談するので週明けにまたご連絡します」とのことでした。

その連絡がまったく来ないんです。

仕方なく、連絡が来ないまま引っ越し業者さんも決めることになりました。

 

 

連絡がないということは、オーナーの了承が取れていないということで、契約に進むことができません。

駄目なら別の部屋を探さなければなりませんでしたから、ドキドキものでした。

引越しの段ボールもすでに届いているのに。。。(^^;>

 

 

そして、審査通過の連絡から1週間以上経った3月7日日曜日。

「連絡がないのは、私の覚悟が足りないからだ!」と思いました。

昨日のブログに書いたように、私は新居に対して

「この高級感のある部屋に自分が住むとしたら、それに相応しい私にならなくちゃいけない。それって、大変じゃない?」

と思っていたんです。

 

 

そして「入居が決まったら、私は『相応しい自分になれる』ということだろう」と、どこか人任せ(潜在意識任せ)にしていたんだと思います。

だから、決まらない!

「自分がその人生を選ぶ」という意志が足りなかった!と気づいたんです。

 

 

 

そこで、アファメーションしました。

私は、あの部屋に相応しい自分になると決まっています!

いまさら、レベルを下げることはしません!

そうなるに決まっています!

 

 

 

すると翌日、決定の知らせが届きました(笑)

そして無事、3月31日に引っ越すことができました。

 

 

実は、入居前の3月29日、まだ荷物の入っていない部屋に人を招きました。

その日、来ることのできた受講生、数名です。

そこで、今回の部屋探しと入居までの経緯を話したところ、

「もう、充分相応しい阿佐子さんですよ!」と嬉しい言葉をいただきました。

 

 

ただ、私自身『この部屋に相応しい私は、こんな自分』というイメージがあります。

もちろん、まだその自分にはなっていません。

そのことを否定するのではなく、そうなっていく環境を手に入れた自分を誇らしく思います。

そして、この部屋に相応しい私に、一歩一歩近づいていくことが楽しくもあります!

 

 

実際、入居して家具を選ぶ際にも、変わることを求められている自分を感じましたが、

そのお話はまた、別の機会にと思います!

 

 

今回の部屋探しは、本当に潜在意識からの贈り物だったと思います!

それを受け取って、バージョンアップした私になりますから、

今後も皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。