2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

22年目の結婚記念日

今日3月10日は22回目の結婚記念日です。

「2022年に22回目って、2ばっかりで語呂が良いね」と、今朝も夫と話していました。

 

 

3月は、我が家にとって変化する月とも言えます。

名古屋で夫と出会ったのが1998年の3月、

東京で一緒に暮らし始めたのが1999年の3月、

そして、入籍したのが2000年の3月。

2000年4月の写真。若い!
2000年4月の写真。若い!

 

 

ただ、当時は本当に上手くいっていなかったんですよね。

それは、私が「どうして私の気持ちをわかってくれないの!」と、彼を責めていたからだと思います。

1か月くらい口をきかないのもしょっちゅうで、

夫が、あまりに辛くて「別れた方が良いんじゃないか」と言うほどに。。。(^^;>

 

 

その頃の私は、相手が変わってくれることを望んでいたんだと思います。

でも、潜在意識のカラクリを知ったとき、「変わるのは自分の潜在意識なんだ」とわかりました。

そこから関係性も変わり、今では友人から『理想のパートナーシップ』と言われるほどです。

※『理想のパートナーシップ』は、ただ仲が良いということではありません。ぶつかることがあっても、相手の成長を心から信じあえる関係とでもいいましょうか(^o^)>

 

 

同じようにクライアントさんの中にも、パートナーとの関係が大きく変わった方が何人もいらっしゃいます。

「どうしてこの人と結婚したんだろう。男のくせに出世しようとする覇気がないところにイライラする!」と相手を否定していたクライアントさんは、

依存をやめて自分の人生を生きはじめた時、彼がパートナーであることの本当の価値がわかるようになりました。

今では「本当にありがたいの!」と感謝でいっぱいなので、関係性もとても良くなっています。

 

 

別のクライアントさんは、持病のあるご主人に対して「彼がいなくなったら私は生きていけない」と思うほどでした。

彼の身体をケアすることが最優先で、自分の人生は後回しでした。

でも、彼女も自分の人生を大切にしようとしたとき、ご主人の持病も良い方に向かい、今では、一緒に外食や買い物を楽しんでいます。

 

 

私が、潜在意識のカラクリを知って一番良かったと思うのは、『顕在意識の願いを叶えるのではなく、潜在意識の望む方に変わることで現実が良い方に変わる』ということをたくさん体感できたことです。

 

 

私もクライアントさん達も、変わる前はある意味「仕方がない」と思っていました。

「夫はこういう人だから仕方がない」「こういう状況だから仕方がない」

でも「仕方がない・変わらない」と思っていては、現実は変わりませんよね。

 

 

まずは、この「仕方がない・変わらない」を「変わるかもしれない」に変えてみること。

自分の人生が良い方に変わることを信じてみることです。

 

 

右手の人差し指と、左手の人差し指をぴったりくっつけてみてください。

両方の指先は平行して同じ方向に進みますよね。

では、右手の人差し指と左手の人差し指の付け根を、少しだけ広げてみてください。

すると、左右の指先は広がって、違う方向に進み始めるはずです。

この指の延長線をイメージしてみると、まったく違う方向に進んでいけることがわかると思います。

 

 

「仕方がない」を「(自分が変われば)変わるかもしれない」に変えるというのは、付け根の部分を少し広げてみるのと同じことです。

私も10数年前に「(自分が変われば)変わるかもしれない」に、ちょびっとシフトし始めました。

そして、潜在意識のカラクリを知り、自分の潜在意識を変えることで、新しい未来を作りだせたと思います。

おかげで今年も22回目の結婚記念日を祝うことができそうです。

 

 

今夜、夫はお祝いのケーキを買ってきてくれました\(^o^)/

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。