2021/5/19 HPリニューアル記念♪  無料の9日間メールセミナーをプレゼント!!

人生には方向転換する時期があります

『誰かの役に立つ生き方』をどう思いますか?

 

私は、素晴らしいと思います。

それは、相手のためだけでなく、自分のためにもなります。

『誰かの役に立つこと』をモチベーションとして行動すれば、

たくさんの経験や智慧を身につけることができますし、

感謝されたり、報酬を得たり、良好な人間関係を構築できたりもします。

社会で生きていくには、とても良い生き方ではないでしょうか。

 

でも、それを長く続けると問題が発生するんです。

 

 

例えば、前回のブログ『思考の現実化にはタイムラグがある!』

でお話したクライアントのAさんは、

『誰かの役に立つ生き方』をしてきました。

だからこそ、職場でも頼りにされてきたのだと思います。

 

でも、上司が変わって同僚のBさんが俄然やる気を出して仕事をするようになったとき、

以前は、Bさんに対して「もっと仕事を受けてよ!」と言う気持ちがあったにも関わらず、

モヤモヤとした複雑な気持ちが湧いてきました。

それは、『誰かの役に立つ生き方』をしてきたAさんにとって、

Bさんがどんどん仕事をしてしまうと、自分が役に立っていないような気がするからです。

 

逆に言うと、積極的に仕事をしないBさんを現実化していたからこそ、

Aさんは職場で、会社(や上司)の役に立つ仕事ができていたということになります。

※周りの人も自分の潜在意識が作り出しているということは、『基本② なぜ人間関係で悩むのか?』をご覧ください。

 

実は、Aさんはしばらく前から、潜在意識にある『誰かの役に立つ生き方』を

意識的に変えていました。

それは、誰かの役に立つことを優先するため、自分の本当の気持ちを後回しに

してしまっていることに気づいたからです。

 

もともとは、パートナーシップの問題から、

もっと自分の気持ちを相手に伝えられるようになるためでしたが、

その過程で職場の人間関係も変化しました。

仕事に余裕が持てるようになり、プライベートも充実してきたようです。

 

人生には方向転換する時期があります。

 

Aさんのように、人の役に立つ生き方を続けてきた人は、

自分を大切にする方へ舵を切る時期がやってきます。

逆に、自分の想いを大切に生きてきた人は、

周りの人を尊重したり、合わせたりする方を意識する時期かもしれません。

正しさを拠り所にしてきた人は、

もっと多様な考え方を受け入れることで、ステップアップするかも。。。

 

 

この方向転換をするときに、人は迷ったり、困った現実が起きたりします。

なぜなら潜在意識が、これまでやり方では対応できない現実を作り出すからです。

方向転換があることを知らないと、「どうしてこんなことが起こるの!」と

抵抗し続けてしまうかもしれません。

 

もし、あなたに困った現実が何度も起きたり、

迷いから抜けることができなかったりしたら、

「人生の方向転換の時期かもしれない」と思ってみてください。

 

 

そして、そんなときは、嫌な人や困った人に注目します。

「ひどい!」
「信じられない!」
「非常識!」

などと感じるような、

顕在意識では理解できない行動をする人が、周りにいるはずです。

 

信じられないかもしれませんが(^^;>

実は、それが次の方向性だったりするんですよね!

 

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:

■今日のポイント

困った現実が何度も起きたり、迷いから抜けることができなかったりしたら、

「人生の方向転換の時期かもしれない」と考えて、

周りの嫌な人や困った人に注目すると、次の方向性に気づけるかも^^

※詳細は、『基本② なぜ人間関係で悩むのか?』を参照ください。

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:

最新情報をチェックしよう!
>潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識が現実を創る人生のテーマと7つの法則

潜在意識があなたの現実を創る基本となる「人生のテーマ」と「7つの法則」があります。まず、それを知ることで、潜在意識のメッセージを分析できるようになります。9日間の無料メールセミナーで詳細をお伝えしますが、ここでは、そのダイジェストを紹介します。